ブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • 2018.03.02 Friday
    • -
    • by スポンサードリンク

    【受給例】建設業 1,000,000円 若年者等正規雇用化特別奨励金

    建設業を経営するBさんは、新しく従業員を雇い入れたいとお考えでした。
    いつもは有料求人誌に求人を掲載してパート・アルバイトを雇い入れていました。

    しかし同業の社長から「ハローワークを通じて人を雇うとお金がもらえる」という話を聞いて、一度お話を聞きたいと当事務所にご相談をいただきました。

    今までハローワークの紹介で雇用したことが無いBさんには、ハローワークの求人は無料であること、
    雇い入れ対象者が条件に合えば、支給されるお金があることをご説明しました。

    今回の求人で募集する方の条件を聞くと、建設業の経験は問わない。
    長く働いてくれて、いずれは責任者として会社の中心になってくれる方を募集しているとの事。

    であれば、最初から正社員としての雇用を前提として、安心して働くことができる条件で求人をだしてみてはどうかとご提案しました。
    また「若年者等正規雇用化特別奨励金」もあわせてご提案しました。
    当事務所のご提案にBさんも納得していただき、早速求人票作成に取り掛かりました。

    ハローワークに求人を出し、募集を開始して2週間ほどで応募がありました。
    しかも奨励金の条件も満たす方からの応募でした。
    Bさんはすぐに面接を行い、正式に雇用することになりました。

    雇い入れから半年が過ぎて、1回目の支給申請期間がやってきました。
    支給の申請を終えると、50万円がBさんに振り込まれました。その1年後に25万円、そのまた1年後に25万円が振り込まれ合計100万円が支給されました。

    その時雇用した従業員さんは、いまでは現場のリーダーとして活躍されています。
    新しく雇用する際には若年者等正規雇用化特別奨励金の活用をオススメいたします。
    (若年者等正規雇用化特別奨励金は平成24年3月31日までの時限措置です)

    0

      スポンサーサイト

      0
        • 2018.03.02 Friday
        • -
        • by スポンサードリンク

        ページトップへ

        無料診断はこちら

        カレンダー

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << January 2020 >>

        最新の記事

        カテゴリー

        過去ログ

        リンク

        プロフィール

        サイト内検索

        その他

        携帯版

        qrcode

        PR