ブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • 2018.03.02 Friday
    • -
    • by スポンサードリンク

    ダラダラ残業に残業代は必要か?

    毎月の給与計算のためにタイムカード(出勤簿)で勤怠のチェックをしていると、毎月決まって時間外労働時間数の多い従業が何人かいます。会社の方に確認してみると・・・

    ? 勤務時間内に終了する程度の仕事しか与えていない。
    ? 上司は残業の指示はしていない。
    ? それでもタイムカード(出勤簿)には遅い時間が記されている。
    との事です。

    社長の会社に残業代稼ぎの従業員はいませんか?
    そして、このような場合、社長の会社ではどのような対応を取っていますか?
    会社としては残業手当を支払いたくないのが本音だと思います。
    しかしサービス残業にしてしまうのはいけません。どのような対応が必要になるのでしょうか。

    従業員が残って仕事をしていることを使用者が全く知らないケースは別ですが、残業していることを認識し、それを容認している場合には「黙示の残業命令」ありとされ、時間外労働になる場合があります。ダラダラと仕事をしているようであれば、それを黙認したり・放置したりせず、能率的に仕事をして定時で業務を終えるように管理者が指示し、適切な時間管理を行うように努めましょう。また本人の能力不足が原因で人一倍時間をかけていたとしても、現に労務を提供し、使用者もそれを黙認していた以上は労働時間として算定する必要があります。
    能率が悪いという点を人事考課に反映することはあるかもしれませんが、時間外割増を支払わないという対応はできません。

    適切な時間管理と、それに伴う残業代の支払いは当然行わなくてはならない使用者の義務なのです。
    ごとう事務所では、人件費を削減するためのコンサルティングを行っております。残業代にお悩み事業主様はお気軽にご相談ください。


    Tel:0586-64-9086(AM9:00〜PM18:00 月〜金)  後藤まで
    Fax:0586-64-9087(365日 24時間 受付中)
    E-mail:info@mail.sr-goto.com(365日 24時間 受付中)

    お問い合わせ

    このページのトップへ

    0

      スポンサーサイト

      0
        • 2018.03.02 Friday
        • -
        • by スポンサードリンク

        ページトップへ

        無料診断はこちら

        カレンダー

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>

        最新の記事

        カテゴリー

        過去ログ

        リンク

        プロフィール

        サイト内検索

        その他

        携帯版

        qrcode

        PR